住まいのお手入れ

窓:窓、サッシ1|創建住まいのお手入れマニュアル

窓 : 窓、サッシ1
ガラス磨きの基本
窓ガラスがピカピカだと気分も爽快。少し汚れてきたと感じたら億劫がらずに窓磨きしましよう。窓ガラスの汚れは、外側は泥や排気ガスなど、内側はホコリ、油やヤニ汚れが主体。軽い汚れは、水拭き、カラ拭きします。簡単な方法は、新聞紙を丸めて水に湿らせ、まず外側を拭きます。水分が乾かないうちに乾いた新聞紙でカラ拭きし、内側も同様に拭きます。これだけでピカピカになります。窓磨きは曇りの日にするのがポイント。晴天だと水や洗剤が乾きやすく跡が残るからです。

透明ガラスの手入れ
汚れがひどいときは、比較的熱めのお湯に住居用洗剤やガラス用洗剤をたらし、ゆるめにしぼったタオルで左上から横に、拭き跡が重なるようにジグザグに下に向けて拭きます。あとは水拭き、カラ拭きしてOK。油汚れやタバコのヤ二は台所用クリームクレンザーをスポンジにつけてこすります。

窓・サッシの基本の掃除
スクイージーもおすすめ
洗剤を含ませたタオルをガラス全体に濡らすか、洗剤をスプレー容器に入れて×印に吹きつけ、少しおいてからスクイージー(T宇型のワイパーのような道具)のゴム面をガラスに密着させ、上下一方向に一気に引き下ろします。あとは下の桟にたまった汚れ水を拭き取って完了です。高い所にある窓や出窓などは、柄に長いポールをつければラクにできます。

ガラスなどの凹凸にはタワシや古歯ブラシ
模様ガラスの凸凹の中は汚れが入り込んでいます。まずホコリをはらってから、洗剤を吹きつけて1分程度おき、タワシや古歯ブラシで汚れをこすり落とします。あとは水拭き、カラ拭きします。
※雑巾、タオルを何枚か用意して、いつもキレイな面で拭く。
※リビングだけでなく、家全体の窓をまとめて手入れ。

窓・サッシのスクイージーでの掃除


 

COPYRIGHT © SOKEN CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED. TERMS OF USE.