住まいのお手入れ

家電:テレビ、オーディオ|創建住まいのお手入れマニュアル

家電 : テレビ、オーディオ
AV機器は水気、湿気、ホコリが嫌い
家庭には電話、テレビをはじめ、ステレオやビデオ、コンポーネント、CDプレーヤーなど、いろいろなオーデイオ製品が置かれています。これらの精密機器は極度に水を嫌い、湿気やホコリがあると製品の機能を狂わせたり、故障の原因になります。どの機器もまず設置揚所に気をつけることが大切で、昔段の手入れの基本は、化学ばたきなどでホコリをはらい、布でカラ拭きするのが原則です。

電話機の手入れ
普段は乾いたタオルでカラ拭きする程度で十分です。受話器の穴やボタンの溝、留守録テープの中(機種によりますが)などは綿棒でなぞってホコリを取り除きます。全体が汚れてきたら、住居用洗剤で固くしぼった布で拭き、カラ拭きして仕上げます。その際、ファクシミリのトレイ部分やコードも忘れずに。汚れのひどい箇所はクリームクレンザーをつけたスポンジで汚れ部分だけを軽くこすり、水拭きして洗剤分をよく取ってからカラ拭きして仕上げます。

電話機の手入れ
テレビの手入れ
こまめに化学ばたきでホコリをはらうのが一番です。とくにテレビのブラウン管は静電気を発生させてホコリを吸いつけやすいので、昔段の部屋掃除のついでに実行しましよう。テレビの側面のカラ拭きには、シリコンクロスなどミクロ繊維でできた布が最適です。リモコンなど手アカのつきやすい部分は、薄めの住居用洗剤を綿棒に湿らせて拭くと汚れがラクに取れます。そのあとは新しい綿棒でカラ拭きします。
※衣類の洗濯に使う柔軟仕上げ剤を規定通り水に薄め、やわらかい布で固くしぼってブラウン管を拭くと、汚れ落としとホコリ付着の防止になる。

オーディオ製品の手入れ
オーディオ製品の手入れはテレビと同じ要領で行います。ビデオの裏側など配線コードの多い部分のホコリ取りには、隙間ノズルか、ノズルにストローを半分程度さし込んでテープでまいて使うと便利です。スイッチ部分など手アカがつきやすい所は、綿棒にアルコールを浸してこすると汚れが落ちます。消毒用工夕ノールを水で薄めてコットンにつけて拭いてもOK。

テレビ・リモコンの手入れ


 

COPYRIGHT © SOKEN CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED. TERMS OF USE.