住まいのお手入れ

和室:畳|創建住まいのお手入れマニュアル

和室 : 畳
掃除機がけとカラ拭きが基本
イグサでできた畳は、極端に水を嫌います。水分を吸収すると汚れがつきやすく、カビの原因にもなり早く傷みます。普段の手入れは、ほうきや掃除機をかけるだけでOKです。週に1度程度はカラ拭きします。しかし化学布巾は禁物です。畳の表面に油が残り、ホコリを呼んでしまいます。畳掃除のポイントは畳を傷めないように目に沿って行うこと。少し汚れてきたら晴天の日を選び、お湯か住居用洗剤の薄め液で固くしぼった雑巾で目に沿って拭きます。雑巾は数枚用意してキレイな面で拭き、カラ拭きしてよく乾燥させるのがコツ。
※春と秋の晴天の日には日光干し。裏返した畳2枚1組を山形にして立てかけて干す。

畳の縁の汚れは古歯ブラシに洗剤をつけて
畳の縁の汚れは、古歯ブラシに台所用洗剤液をつけてこすって落とします。そのあとお湯で固くしぼった雑巾で洗剤分を拭き取り、カラ拭きして仕上げます。縁にカビが生えたときは、消毒用エタノールをスプレーし、軽くたたいて取ります。

畳の黄ばみの取り方と防止策
畳の黄ばみ在取るには、みかんの皮の出し汁(作り方は床の項を参照)を雑巾で固くしぼって拭くと効果があります。黄ばみ防止には、酢を水で2~3倍に薄めた液をつくり、雑巾で固くしぼって拭き、そのあとカラ拭きしておきます。
※タバコの焼け焦げは古歯ブラシでこすり、乾いた雑巾で拭き取る。粉類をこぼしたら粗塩をまいて、畳をトントンとたたいてから、掃除機で吸い取る。
※畳についた家具の跡はスプレーで水を吹きかけ、塗れたタオルを当ててアイロンをかけると元どおり。
※畳を長持ちさせるには約2年サイクルで裏返しと表替えを。
畳のお手入れ


 

COPYRIGHT © SOKEN CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED. TERMS OF USE.