住まいのお手入れ

キッチン:食器|創建住まいのお手入れマニュアル

キッチン : 食器
食器洗いの賢い手順
食事のあとかたづけや食器洗いは、素早くすませたいもの。上手に洗うには、汚れの少ないものから順に洗うのが合理的です。一般的には①ガラス器②ナイフ、フォーク、箸③油汚れの少ないもの④油汚れのひどいもの⑤汚れの残った調理器具の順で洗い、ひどい油汚れはペーパータオルで拭き取っておきます。洗剤は適正濃度を守ったほうが手あれやかぶれを防げます。

ガラス器のくもりを元どおりに
コップやグラス類は、時間が経つとくもってきます。くもりをキレイに落とすには、しぼったあとのレモンの切り口に塩をつけて磨きます。レモンの酸がガラスについた油と汚れを落として元通りになります。

銀器・銅器、ステンレス製品の手入れ
これらの食器は酸やイオウに弱く、傷つきやすいので、ぬるま湯に浸して中性洗剤をつけたスポンジで洗い、よくすすぎ、やわらかい布でカラ拭きします。タワシやスチールウールは厳禁です。黒ずみが出たら、やわらかい布に練り歯磨きをつけてていねいに磨きます。

漆器、木製品の手入れ
漆器や木製製品は、汚れをペーパータオルなどで落としてから、ぬるま湯で布巾を使って手早く洗い、よくすすいでから乾いた布巾の上で水気を取り、やわらかい布で拭きます。とくに漆のお盆やお椀、重箱などは他の食器とは別に扱い、ぬるま湯だけで洗います。汚れが落ちないときは、中性洗剤をほんの少したらしたぬるま湯で手早く洗うのがコツです。
※ティーカップ、湯のみ茶碗、きゅうすの茶渋や黒ずみは、漂白剤の溶液にひと晩つけておく。また、ミカンの皮に粗塩をつけゴシゴシ磨いても茶渋が取れる。
※カットグラスのくぼみは汚れがたまりやすい所。練り歯磨きをつけた古歯ブラシで磨く。
食器の手入れ


 

COPYRIGHT © SOKEN CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED. TERMS OF USE.