住まいのお手入れ

キッチン:レンジまわり|創建住まいのお手入れマニュアル

キッチン : レンジまわり
レンジが温かいうちに汚れを拭き取るのがコツ
ガスレンジの汚れは、ふきこぼれや油はねが原因です。レンジ本体の表面は、調理後のまだレンジが暖かいうちに雑巾などでサッと拭き取り、水拭きしておきます。もし汚れが落ちにくいときは、台所用洗剤やクリームクレンザーをつけ金属タワシなどで磨いたあと、水拭き、カラ拭きの順で仕上げます。

受け皿や五徳の頑固な汚れ落とし
油や焦げがこびりついてしまった受け皿や五徳の汚れは、住居用の強力洗剤を入れた容器にひと晩つけておき、金属タワシでこすればキレイに落ちます。よく洗ったあとに水気を拭き取ってから取りつけます。また、強力洗剤をペーパータオルやティッシュぺーパーなどにしみ込ませ、受け皿、五徳の汚れた部分に1時間程度湿布しておくと、汚れがふやけて落ちやすくなります。
大きな鍋に汚れた受け皿と五徳を入れ、水を注いでグラグラ煮てしまいます。沸騰してから20分程度煮ると、油汚れや焦げ付きが自然に分離してきます。

ガスバーナーは金属ブラシでよく磨く
バーナーの焦げつきや油汚れ、サビを取るには、バーナー部分を取りはずして金属ブラシでよく磨きます。ガス穴が詰まっていると不完全燃焼の原因になります。キリや竹串を差し込んで目詰まりを取り除きます。しつこい汚れは、クレンザーをつけてよく洗い、その後はしっかり乾燥させます。

ガス栓や点火つまみはティッシュに洗剤の原液をつけて
ガス栓や点火つまみにティッシュペーパーを巻きつけ、住居用洗剤の原液を直接スプレーしてしばらくおくと、細かい汚れも溶け出してきます。あとはティッシュでぬぐい、水拭き、カラ拭きでOK。

ガス漏れチェックはこの方法で
ゴムホースのひび割れを調べるには、石けん液をホースの表面に塗り、ガスを出してみて、泡がたってきたらひび割れている証拠です。ゴムホースは少なくとも2年に1回は交換を。 ※手入れの際は必ずガスの元栓を閉めることを忘れずに。
レンジまわりの汚れ落とし


 

COPYRIGHT © SOKEN CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED. TERMS OF USE.