住まいのお手入れ

玄関・外まわり:屋根、雨樋、外壁|創建住まいのお手入れマニュアル

玄関・外まわり : 屋根、雨樋、外壁
家の外まわりは定期的に点検を
1戸建ての揚合、家の外まわりの手入れは家屋を長持ちさせる重要なポイントのひとつです。屋外は雨風にさらされて汚れや傷みも激しいものですが、屋根や外壁の補修となると専門的になるし、高い所に登ってケガをしてもいけません。3か月に1度程度どこが傷んでいるか周囲をまわって点検し、専門家に相談するか、できる範囲で手入れしたいものです。

屋根は専門家に任せる
雨もりは天井や壁にしみ出てくるものですが、天井裏をのぞいて大体の見当をつけ、屋根の該当する箇所に1平方メートルくらいのビニールを敷いて、ガムテープで押さえて手当てします。あとは専門家に補修を任せます。屋根に登るときは滑りにくい靴をはき、はしごは必ず誰かに支えてもらいましよう。

屋根の応急処置
雨樋の詰まりやひび割れには
雨樋に落ち葉や泥が詰まると、雨水があふれて樋の機能を果たしません。はしごに登って雨樋を点検し、ゴミを取り除きます。縦樋の詰まりは、針金に結んだ布を集水器の上から入れ、下に通して引っ張ります。雨樋にひび割れがあると、穴があいて雨がポタポタ落ちてきます。市販の防水テープで穴の部分を補修しておくとよいでしょう。または、雨樋と同じ材質の塩化ビニールを大きめに切り、表と裏からくっつけて、塩化ビニール用の接着剤でつければ安心です。

外壁の手入れと応急処置
外壁は傷みが激しい所です。モルタル壁の汚れがひどいときは外ぼうきで汚れをはらい落とし、ブラシで水洗いします。小さな亀裂があるときは、住宅用防水スプレーを吹きつけます。ひび割れは、ブラシやドライバーでまわりの汚れを落とし、ひび割れ部分にコーキング剤(変成シリコン系充てん剤)を注人します。あとはへラなどで表面をならしておきます。
※モルタルの剥がれは家庭用セメントで補修できるが、周囲の部分も関係するので専門家に任せ、キレイに仕上げてもらうほうがよい。

外壁の応急処置


 

COPYRIGHT © SOKEN CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED. TERMS OF USE.