住まいのお手入れ

和室:ふすま|創建住まいのお手入れマニュアル

和室 : ふすま
化学ばたきやブラシで上から下にホコリを落とす
ふすまは、普段は化学ばたきやブラシを使い、上から下に軽くなでるようにホコリを取ります。ふすまの枠や敷居、柱との合わせ目も一緒にはらいましょう。ビニールクロス製は水拭きや洗剤拭きができますが、紙製は無理です。全体が変色して汚れてきたら張り替えます。枠の汚れは水拭きし、落ちにくいときは住居用洗剤液で拭き、カラ拭きします。
※新しいふすまには、変色と汚れ防止に防水剤をスプレーする。

引き手まわりは丹念に手入れ
ふすまは1日に何回も開け閉めするため、引き手まわりほ意外と手アカなどで汚れています。住居用洗剤液で固くしぼった雑巾で拭くか、消しゴムでこすると汚れが取れます。そのあと防水剤をスプレーすると汚れがつきにくく、次の掃除もラクです。
汚れがひどいときは引き手部分の紙だけを張り替える方法もあります。まず、ふすまの枠をはずし、引き手の表と裏の丸い金属枠も取りはずします。やや大きめに切った長方形の紙を表から裏に巷くようにして貼り、引き手の部分は十字に切り込みを入れて紙を溝に落とします。最後は溝に金属枠をはめ込みクギ打ちして完成です。

滑りが気になる敷居の手入れ
滑りがよすぎて、開閉の際に大きな音が出るときは、ベビーパウダーを少しまいてみます。反対に滑りが悪いときは、ホコリをはらってから床用ワックスを塗ります。また、1個分の卵の殻を布に包んで細かくくだき、少し水で湿らせてから敷居をたたくように拭いても滑りがよくなります。

ふすまの破れの修理はのりとハガキで簡単
ふすまの紙を破いてしまったときは、大きくならないうちに補修しておくのが一番です。まず、ふすまの破れた部分に霧吹きで水をかけて湿らせます。次に、いらなくなったハガキを破れた部分より少し大きめに切り、ハガキの表になる面にのりをつけて差し込みます。あとは、破れたふすまをなでるようにハガキに貼りつけて仕上げます。補修部分が乾くとピンとなります。
※ふすまの枠が剥げてきたら、同系色のエナメルを塗ると目立たなくなる。
ふすまの手入れ


 

COPYRIGHT © SOKEN CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED. TERMS OF USE.