住まいのお手入れ

照明・家具:照明器具|創建住まいのお手入れマニュアル

照明・家具 : 照明器具
普段の手入れには化学ばたきが最適
蛍光灯や電球の熱は室内のホコリを集めてしまう性質があるので、放っておくと意外に汚れます。天井からつるしたぺンダントタイプの照明器具やスタンドなど手の届く所は、普段から化学ばたきでホコリを除いておくことが汚さないコツです。汚れが気になってきたら、必ずスイッチを切り、少しさましてから手入れします。

埋め込みタイプの蛍光灯の手入れ
まず、カバー、蛍光灯をはずします。埋め込み部分の反射板まわりは、台所用洗剤をつけた雑巾でていねいに拭き、汚れが落ちたらカラ拭きします。スイッチのヒモは洗剤をつけたコットンで湿布するとキレイになります。カバーは浴室に移動し、スポンジに洗剤をつけて円を描くように洗い、水拭き、カラ拭きし、乾かしてから取りつけます。

埋め込みタイプの蛍光灯の掃除
ペンダントタイプは取りはずして分解掃除
傘の汚れがひどいときは、洗剤を直接スプレーし、その上にぺーパータオルをのせて15分程度湿布します。浮いてきた汚れをそのぺーパーで拭き取ると新品のようになります。あとは水洗いするか、水拭き、カラ拭きします。コード部分はサッシブラシなどでホコリを落とします。

布や紙のシェード(傘)は水気は厳禁
布製の傘は洋服用ブラシでホコリを落とし、取れない汚れは台所用洗剤液で固くしぼった雑巾でたたくか、ベンジンをつけてタオルでたたきます。和風傘の紙の部分は破れないように裏側に手を当てて荒神ぼうきでサッとこすります。木枠部分は洗剤つきの固くしぼった雑巾で拭き、カラ拭きします。

電球や蛍光灯の手入れ
電球や蛍光灯も油やホコリで汚れています。洗剤つきの雑巾で拭いたあとは、完全に乾かしてから取りつけます。蛍光灯の中が黒ずんできたら取り替える時期です。

ペンダントタイプの照明の手入れ


 

COPYRIGHT © SOKEN CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED. TERMS OF USE.