住まいのお手入れ

家電:エアコン|創建住まいのお手入れマニュアル

家電 : エアコン
ホコリをためないのがポイント
エアコンは部屋の空気を吸ってろ過するので、ホコリがたまりやすく、フィルターなどが汚れていると冷暖房の効率が悪く、10%程度の電気代がロスすると言われています。普段からこまめに手入れする習慣をつけましょう。部屋掃除の際に、化学ばたきや化字雑巾で本体のホコリをはらい、吹き出し口は隙間ノズルをつけた掃除機でホコリを吸い取るようにします。ニオイが気になる揚合は、エアコン用の防カビ消臭スプレーを。

2週間に1度はフィルターの掃除
シーズン中のフィルターの手入れは2週間に1度が基本です。まず新聞紙を床に敷いたあと、エアコンの前カバーをはずしてフィルターを取り出します。新聞紙の上にフィルターを置き、隙間ノズルをつけた掃除機で網目を傷つけないようにこすりながらホコリを吸い取ります。これで十分キレイになります。汚れがあるときほ、住居用洗剤を入れた水に10分程度浸し、スポンジで汚れをこすり落とします。水ですすいでから乾いたタオルかぺーパータオルで水気を取り、陰干ししてよく乾かしてからセットします。ただし、水洗いできないフィルターもあるので、取扱説明書で確認することが必要です。

シーズンの終わりの手入れ
シーズンの終わりにはフィルターを洗剤で洗うとともに、本体も掃除します。フィルターをおおっているカバーの溝部分のホコリをブラシでかき出して掃除機で吸い取り、外側全体を薄めの住居用洗剤液で固くしぼった雑巾で拭き、そのあと水拭き、カラ拭きします。機械内部を乾燥させるために、2時間程度は送風運転します。なお、シーズン始めにも送風運転して調子をみます。
※溝のホコリはウエットティッシュをかぶせた割り箸や竹串でこするとよく取れる。
※室外機も砂や土ボコリで汚れやすいので、シーズンの始め、終わりには、ホコリをはらい水洗いする。サビの出やすいネジ部分などには防サビ剤を塗るとよい。
エアコンフィルターの掃除


 

COPYRIGHT © SOKEN CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED. TERMS OF USE.