住まいのお手入れ

寝室・子供部屋:クローゼット|創建住まいのお手入れマニュアル

寝室・子供部屋 : クローゼット
クローゼットの役目
クローゼットは本来小さい部屋の意味ですが、洋室に作りつけられた収納庫といった所です。家庭によっては物置として使ったり、洋服ダンスとして機能しています。とくに洋服の収納の場合には手入れを欠かせません。クローゼットの汚れは、洋服など衣類から出る繊維クズや服についたホコリです。クローゼットにしまう前によくブラッシングしてから収納するのが中を汚さないコツです。クローゼットの扉は普段から化学ばたきでホコリをはらい、化学雑巾でカラ拭きします。
※洋服のホコリ取りにナイロン製は逆効果。動物製のやわらかい毛並みのブラシがよい。

季節の変わり目には中を徹底掃除
李節の変わり目には衣類の虫干しをしますが、それに合わせてクローゼットの中を掃除すると合理的です。要領は押し入れの掃除と同じ方法でよいでしょう。まず、虫の死骸やカビに注意して、掃除機で隅々までホコリやゴミを取り除きます。次に薄めの住居用洗剤で固くしぼった雑巾で中全体を拭き、水拭きします。戸を開け放って2~3暗間そのままにしてよく乾かしたら、防カビ剤をスプレーします。
※洋服かけのパイプや金属の取っ手の汚れはスチール用ワックスで磨く。

防虫剤を入れて洋服を虫食いから守る
衣類をしまう前に防虫剤を入れます。防虫剤には、ナフタリン、パラジクロールベンゼン、樟脳の3つがあるので、特徴をとらえて使います。ナフタリンは殺虫作用があり、パラジクロールベンぜンは殺虫作用とカビ防止にもなります。樟脳は殺虫作用はありませんが、虫を寄せつけない独特の香りがあります。ただし、2種類の防虫剤を1度に入れると化学反応でシミを作ってしまうので、どれか1つにします。
※クローゼットの中に衣類を入れすぎると通気性が損なわれ、カビが生えやすくなるため、適度の間隔が必要。
クローゼットの中を徹底掃除する


 

COPYRIGHT © SOKEN CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED. TERMS OF USE.