住まいのお手入れ

水まわり:浴室1|創建住まいのお手入れマニュアル

水まわり : 浴室1
こまめに掃除し、換気に心がける
浴室内の壁や床には石けんカスや湯アカがいっぱい。そのうえ、高温多湿でカビが繁殖する好条件が揃っています。入浴後は必ず浴槽に蓋をし、洗面器やイスもサッと洗い、壁や床にシャワーで水をかけてから、乾いたタオルで水滴を拭き取っておきます。これが浴室内を清潔にするポイント。もちろん換気扇を回したり、戸や窓を開けて湿気を逃し風通しをよくすることも忘れずに。

壁や床の手入れは浴室用洗剤で定期的に
浴室の壁や床はタイルかプラスチック、いずれも手入れ方法は同じです。まず残り湯やシャワーの湯を壁や床全体にかけます。次に浴室用洗剤をスプレーするか直接つけ、5~10分したら、壁はスポンジ、床はタイルブラシでこすり洗いします。プラスチック製の壁や床は傷をつけないようやわらかめのブラシかスポンジを。汚れが落ちたらシャワーで洗剤分をよく洗い流し、最後は乾いた雑巾で水気を拭き取ります。
※重曹のアルカリ成分が湯アカの汚れを分解する。床に適量をまいてブラシやスポンジで磨き、水で洗い流せばOK。洗浄力は洗剤より弱いが、水に溶けラクに洗い流せる。

浴室の壁や床の手入れ
タイルの目地の黒ずみやカビの取り方
タイルの目地部分はカビの生えやすい揚所です。黒ずんできたら古歯ブラシに浴室用洗剤やクリームクレンザーをつけてこすり取ります。取れないときは、塩素系漂白剤やカビ取り専用の洗浄剤で落とします。カビの発生を防ぐには、半年に1度程度、壁や床に消毒用エタノールをスプレーしておきます。天井にほ防カビ剤入りの塗料を塗っておけば安心です。

排水口は蓋をはずして中まで念入りに
蓋や目皿など、はずせる部分は取りはずして掃除します。粉末クレンザーかクリームクレンザーを使い、タワシ、古歯ブラシなどで汚れを落とし水洗いします。溝や中側は古歯ブラシを4~5本束ねて使うとラクです。こびりついた汚れは割り箸でこそぎ落とします。排水不良や二オイが気になるときは、月に1~2度パイプ用洗剤を使うとスッキリ。古いパンストの脚の部分を切り、中に目皿を入れて網ネットにして取りつけると、小さなゴミもキャッチ。使い捨て0Kです。

排水口の掃除


 

COPYRIGHT © SOKEN CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED. TERMS OF USE.