住まいのお手入れ

家電:冷暖房器具1|創建住まいのお手入れマニュアル

当ページに記載の内容について
当ページに記載しているのは一般的なお手入れの方法となります。
例えば、フローリング材では材質によりワックスを使ってはいけないといった事もありますので
お手入れされる場合には各部位の取扱説明書をよくお読みの上行ってください。
 
「創建のお手入れPDF」について
 
基礎知識 : 洗剤の種類・選び方
洗剤の種類はどんどん細分化
家庭で使われる洗剤は、ちょっとあげるだけでも洗濯用、台所用、住居用、さらに浴室用、トイレ用など用途別に分かれていますが、最近は汚れの種類に合わせて、洗剤の種類もどんどん細分化されています。ただ、洗剤さえ揃えればなんでもキレイになると、必要以上に揃えてもあまり合理的ではありません。必要な洗剤だけを最小限揃えるだけで大体間に合うものです。

洗剤の種類と特徴を知っておく
私たちが使っている洗剤は合成洗剤と呼ばれるものですが、ほかには、洗浄剤、漂白剤、研磨剤があります。
①合成洗剤
主成分は界面活性剤で、酸やアルカリなどの洗浄補助剤や添加剤を加えたものです。洗剤を選ぶときは液性を確認しましょう。アルカリ性は油汚れが落ちやすく、酸性は脂肪やたんぱく質を分解しますが、その分、肌荒れや材質にも影響もあります。中性は中間で手肌にマイルドです。弱酸性、弱アルカリ性もあります。
界面活性剤は、汚れと水を結びつきやすくするはたらきがあり、それで汚れを洗い流します。また、材質の表面に吸着して汚れをつきにくくします。
②洗浄剤
酸やアルカリの化学作用で汚れを落とします。合成洗剤よりも強力なため、塗装面を剥がしたり、変色したり、材質を傷める場合があるので、表示説明をよく読んでから使うことが大事です。浴室、トイレやレンジなどのしつこい油汚れに使います。カビ取り剤や発泡タイプのパイプ洗剤も洗浄剤です。
③漂白剤
アルカリの作用で漂白、除菌して汚れを分解します。酸素を加えて白くする酸化型と、酸素を除いて白くする還元型の2種類があります。酸化型は塩素系と酸素系に分かれます。
塩素系:殺菌力が強く、タイルの目地や金属には使えません。
酸素系:塩素系よりは効き目はおだやかで、陶器や竹製品、木製品に使います。
還元型:浴室やステンレスのサビ汚れに使用します。塩素系漂白剤で黄色に変色したものを元の色に戻します。
④研磨剤(クレンザー)
界面活性剤に研磨剤を加えてあり汚れをこすり落とします。粉末とクリームタイプの2つがあり、クリームタイプのほうが粒子が細かく傷つきにくいのが特徴です。

その他の薬剤など
①消毒用エタノール
本来は皮膚の傷口の殺菌・消毒用のアルコールですが、カビ防止やキッチンにも利用でき、材質を傷めません。油溶性のシミ抜きにも効果を発揮します。
②重曹
家庭用重曹は洗剤よりも洗浄力は落ちますが、アルカリ成分が汚れを分解し、手や材質も傷めないので幅広く利用できます。コップ磨き、茶渋取り、カーペットの汚れなど。また消臭作用があるので、げた箱や冷蔵庫のニオイ消しにもなります。
このほかにも、アンモニア、オキシドール、ペンキやニスの塗料を分解する溶剤、ワックス、金属磨きなど、あると便利なものもあります。

選び方、使い方のポイント
普段は、食器洗い用の洗剤と住居用洗剤の2つがあれば十分です。洗剤選びのポイントは、汚れの種類と使う場所や材質に合わせて用意することです。汚れの程度と材質も見ながら、まず弱い洗剤で試し、落ちないときに強い洗剤を使います。強い洗剤は汚れを落とす効果が高い分だけ材質も傷めかねません。また、手や肌荒れの原因にもなります。
異なる洗剤を混ぜて使うと危険です。酸性とアルカリ性で中和作用を起こし効力が減少するばかりでなく、塩素系漂白剤と酸性洗剤を混ぜると有毒ガスが発生して大変なことになります。
 


 

COPYRIGHT © SOKEN CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED. TERMS OF USE.